日本 » Home / DL2 データロガー



  ■リンクフリー
   ご自由にリンクしてください
  

  DL2 GPS+Gセンサー高性能データロガー

最高 1600km/hまでの高速テストに対応
拡張された入出力と ミリタリースペック 
カテゴリー4 悪環境対応 高性能GPSロガー

DL2_O_400.jpg

■ DL2
 DL2 は、DL1の技術に基づいて、悪環境 ミリタリースペック4(高温・高振動・雨中・奮迅)での使用を可能にしたデータロギングシステムです。 入力数も大幅に拡張され、さらなる高精度を実現しています。 標準の5HzGPSのほか、20HzGPS仕様がございます。

■ 必要十分な入出力
 RPM入力、16アナログ入力、4ホイール(シャフト)入力、シリアル入出力、ラップビーコン、シリアル、CAN(オプション)などを備えています。

■ あらゆる移動体に使用できます
 IP65保護のため雨中や奮迅での使用が可能となり、ドラッグレーサー、モノコックのレーシングカー、ラリーカー、スポーツカー、パワーボート、カート、バイクなど、あらゆる移動体で使用できます。

Windowsソフトウエアーがセットされたデータ解析パッケージ
 DL2システムは、高性能GPS、内蔵加速度センサー、外部センサーデータを 1/100秒単位で記録します。外部データは、エンジン回転数、ホイール回転数*、シャフト回転数、温度、圧力、ラップタイム(ラップセンサー)など、あらゆるデータを記録します。 無償配布のアナライズソフトウエアーで、いつでも、どなたでもデータの解析ができます。

■ 高精度
 従来の測定器は、長距離ほど不正確になり、オープンサーキットやバイク、ボートでは測定不可能でした。 スピードメーターから測定すると測定結果は温度とともに4%ずつ変化し、負荷がかかるとスリップにより平均20%ほど減少します。 ブレーキ時の誤差は特に大きく、基本的に測定不能です。 光学式は装置が大きく装着が困難で、重量だけでなく空力にも影響し、正確な測定は直線部分に限られていました。

 GPSの速度測定は現在考えられる最も正確な方法で、一般的な速度誤差は 0.1%未満です。

■ 省力化とデータの確実性
 今までは、試験目的を決定してからデータを取得していました。これでは試験に応じて毎回走行する必要があり、安定したデータの取得は不可能です。

 DL2は、たった1回の走行で全てのデータを記録します。

 時間-速度、時間-距離、2点間速度-時間、2点間速度-距離、ギヤ位置、エンジン回転数、、ラップタイム、セクタータイム、エンジントルク、エンジンパワー、加速度、位置情報などが、1回の走行だけで取得できます。
 さらに外部センサーを追加すると、あらゆるデータも同時に収集できます。

■ 環境に左右されないテストデータ
 路面の状態(水濡れや水上)や、天候に左右されずデータの収集ができます。ただし、走行も困難なほどの激しい豪雨の際は、GPSデータの誤差が大きくなる可能性があります。

 DL2は、世界最高のGPSデータロガーを目指して、Race-Technology 社内で設計、開発されました。


※ Race-Technologyの製品は、販売国により仕様や付属品が異なっています。
※ 本製品は日本国外での使用はできません。
※ 本製品は海外への輸出、並びに持ち出しはできません。





  Phone: 048-822-0538       Fax: 048-815-8315       Email: FormMail
Powered by Mlabo.